Monthly Archives: 11月 2011

カカオの苗木 in ガーナ3

カカオの苗木 in ガーナ3 はコメントを受け付けていません。
Filed under News, Project / 世界が変わる

2011年4月末にカカオの苗木第一号を植えた同じ場所を、2011年10月末ちょうど6ヶ月ぶりに再び訪れました。

前回、訪れた時の写真が、こちらです。

小さかったカカオの苗木そのものも、ずいぶんな大きさに成長していますが、それ以上に周りの景色の変わりように本当に驚かされました。たったの6ヶ月で、そこはまるで既に森の様相を表しています。

以前には、乾いた土が露出していた地面は、緑に覆われてしっとりとしていました。

わずかに育っていたメイズは、今ではキャッサバやタロイモに取って代わり、シェイドツリーとして植えたプランテーンもしっかりと大きく育っています。

ひとつの苗木の周りで、こんなに大きな変化が起こっています。

今年は、雨期に雨がしっかり降ったので、植物の育ちが良いそうなのです。

「ガーナの森をつくるチョコ」というネーミングの、まさに文字通り!

しかしながら、まさかこんなに素晴らしい変化が現れるとは、

熱帯雨林の植物のエネルギーに、心から驚かされました。

そして、苗木をしっかりと管理し、大切に育てている生産者の皆さんの笑顔に
とても励まされました。

3万本の苗木の周りで、ガーナの森は確実に育っています。

チョコを選べば、世界が変わる。


Before カカオ苗木を植える前。古いカカオの木を切ったあとに、メイズ(とうもろこし)などが少し植わっていただけでした。


Afterカカオの苗木がこんなに大きく育ちました。周りの緑も増えて、地面が見えないくらいになりました。

カカオの苗木inガーナ2

カカオの苗木inガーナ2 はコメントを受け付けていません。
Filed under News, Project / 世界が変わる

カカオの苗木は、基本的に6月ごろ苗床を離れ、大人の木に成長するための新しい土地に植え替えられます。
チョコレボの3万本の苗木も、6月から植え替えを行い、全てが無事にそれぞれの生産者の土地に植え替えられました。
しかしながら広い農園のそれぞれの畑で、これだけ多くのカカオの木を管理することは、とても大変なことです。COFAオーガニック協同組合では、苗木が大切に管理され育てられるようにと、地主の皆さんに対し、チョコレボの苗木を大切に育てる旨の署名まで集めてくれました。

写真は、代表星野が5月初頭にガーナを訪問した際に、記念の第一号植え替えを行ったときのものです。
実を付けなくなった古い木々を切った後の土地を手入れして、カカオの苗木を十分な間隔で植え替えます。
間にはメイズ(とうもろこし)やキャッサバ(芋)プランテーン(主食用バナナ)などを植えていきます。

カカオが成長する間、生産者はこれらの収穫で生活をつないでいくことになります。
全ての作物はオーガニックなので、子どもたちにも環境にも安全な食材を、ここから得ることができるというわけです。