カカオの苗木 in ガーナ3

Filed under News, Project / 世界が変わる

2011年4月末にカカオの苗木第一号を植えた同じ場所を、2011年10月末ちょうど6ヶ月ぶりに再び訪れました。

前回、訪れた時の写真が、こちらです。

小さかったカカオの苗木そのものも、ずいぶんな大きさに成長していますが、それ以上に周りの景色の変わりように本当に驚かされました。たったの6ヶ月で、そこはまるで既に森の様相を表しています。

以前には、乾いた土が露出していた地面は、緑に覆われてしっとりとしていました。

わずかに育っていたメイズは、今ではキャッサバやタロイモに取って代わり、シェイドツリーとして植えたプランテーンもしっかりと大きく育っています。

ひとつの苗木の周りで、こんなに大きな変化が起こっています。

今年は、雨期に雨がしっかり降ったので、植物の育ちが良いそうなのです。

「ガーナの森をつくるチョコ」というネーミングの、まさに文字通り!

しかしながら、まさかこんなに素晴らしい変化が現れるとは、

熱帯雨林の植物のエネルギーに、心から驚かされました。

そして、苗木をしっかりと管理し、大切に育てている生産者の皆さんの笑顔に
とても励まされました。

3万本の苗木の周りで、ガーナの森は確実に育っています。

チョコを選べば、世界が変わる。


Before カカオ苗木を植える前。古いカカオの木を切ったあとに、メイズ(とうもろこし)などが少し植わっていただけでした。


Afterカカオの苗木がこんなに大きく育ちました。周りの緑も増えて、地面が見えないくらいになりました。

Post a Comment

Your email is never published nor shared. Required fields are marked *

*
*

最近の記事

DSC09118

カカオ生産者ワークショップレポート

FullSizeRender2

カカオ生産者ワークショップ

DSC01720

カカオ生産者たちの思い

DSC01405

Farmars Workshop ガーナの生産者

WS_crig

Work Shop in Ghana